スタッフ紹介

当社のスタッフの紹介です。

代表取締役

前岡智之

意匠・取締役

遠藤暢彦

「一人ひとりが各々の分野でまちづくりを考えています」という会社のポリシーのもとに、どのような大きな街を計画するときも、どのような小さな建物を計画するときも、そのもの単体で考えるのではなく、常に周りの要素を考慮しつつ物事を計画していく事を信条とし、これまで立って来た建物も、これから生まれていく計画も、その場所にとって受け入れられる歴史や風景の一部となるように考えて仕事に取り組んでいます。

意匠

寺西忠司

意匠

森嶋昌人

構造・取締役

山田雅史

一級建築士、専攻建築士(構造設計専攻)、広島県建築士会所属
実務経験40年、新築物件:約500棟、耐震診断・改修:約50棟
主な設計物件 :マンション(分譲・賃貸)、オフィスビル、病院、工場、寺院(庫裏)
店舗(郊外型スーパー・小売店舗・銀行)、特別養護老人ホーム、多目的屋内練習場
学校(小学校・中学校・高等学校・大学、新設校及び校舎・屋内運動場・プール増築)等

都市計画

桧山渉

「一人ひとりが各々の分野でまちづくりを考えています」という創業からの当社の方針に共感し、それによって40年間培われたきた英知を継承・発展させていきたいと思っています。
目下、個の建物を実現する建築と、個と全体のつながりを提案する都市計画の考えを併せ持つ専門家として、中国地方のまちづくりに積極的に携わるべく、日々の仕事に取り組み、研鑽を続けています。

都市計画・技術顧問

松波龍一

技術士(建設部門:都市および地方計画)
中国地方全域を中心に、都市基本計画、総合計画などの計画立案に幅広くたずさわるいっぽうで、市街地再開発事業やニュータウン建設事業、大規模跡地の開発事業などのコーディネイトの実績も多い。また、広島市を中心に数々の市民活動の立上げや運営にもコミットしてきた。
呉市景観審議会会長、公益社団法人日本都市計画学会元副会長、公益信託広島市まちづくり活動支援基金(Hm2)前運営委員長

管理技術者・監理

田中眞

監理

大友俊弘

一級建築士、一級建築施工管理技士 1952年生れ 広島県出身
ゼネコン、メーカー等で集合住宅、病院、学校、公共施設他(SRC、RC、S、W造)の現場管理に従事。定年で帰広し2013年入社 監理チームの配属となる。
さまざまな建物と人との「出逢い」「つながり」のなかで建築生産にたずさわってきました。これからも、監理で建物と人への「思いやり」を大切にし「いい建物」をつくります。

監理・意匠

前田敏則

総務

倉本美弥

日商簿記2級、ワープロ検定2級、秘書検定2級、ペン字検定2級
経理の担当をしています。
当社のコンセプト「1人ひとりが各々の分野でまちづくりを考え続けています」を考え続けているスタッフと、その一人として、関わりサポートしていきたいです。

総務

遠藤佳織

広島に産まれ、広島で育ちました。 
建物には、それぞれに役割があり、その役割が何なのか、どの様に必要とされているのかを考え、必要とされている要素を建物に付与していく。
私たち業務担当の想いは、さまざまな建物へ伝えられていき、新築・改修・耐震・監理、都市計画とあらゆる分野で、広島のまちは支えられているのだなと、感じる毎日です